情報消費者

気軽に、オンラインにアクセスすれば様々な情報を手に入れることができる時代になりました。

今では自分の探している情報やニュースを無料で、しかもリアルタイムに取得することができます。

自分は、こういった情報に日々ふれ合っていて、様々な情報を取得し、身の回りの事について知ることができます。
時にグローバルな視点さえも身につける事ができます。

あふれる情報の中で、感化されてしまい自分の視点を見失う事もあります。

根も葉もない情報を信じて感情的になる事もあります。
そういった事を考えると。情報に接する私たちは一括りに情報消費者なのではないかと思います。

情報消費者とは、文字の通りに情報を消費する者の事です。
消費者は流動的であり、必需品を消費するために、同じくプロバイダーまたはメディアであると言えます。

インターネットがもたらした情報社会は、年数を重ねる毎に私たちを人類未知の世界へといざなっています。

情報発信者(コンテンツプロバイダー)という境界線さえも非常にまばらになりつつあり、コンテンツプロバイダー達は今まで専有してきた状況から生き残りをかけた方法を日々探求し、試みては引き返すという事を繰り返しているのです。

プレインテキストの革命はこれからも多くの分野、レガシーな仕組みに対しての挑戦を繰り広げていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です