プログラミング

打ち続ける鍵盤の音と思考と目的が同期し、見えなかった仕組みの解明と活用・応用を繰り返しながら引数を整形、展開する仕組みと切替を作っている。それは抽象的な表示となって森林木の網目は広がっていく。ひとつの行動、選択に反応して複雑な回路と算法を抜けて道理と倫理を返す。

然うして、かつて見えなかった世界を築いていく。誰かがその仕組を作り、それを継承しながら応用を加えて処理をする。それが一度人の目に触れるとその構造物は反応を以って対処し得る結果を返す。それは電気回路構造の複雑さ故に時間軸の間で最適な答えを見つけるのに役立つだろう。誰もが根拠のある答えを探し続ける以上、この仕組は成長を止めることが無い。それは未知への挑戦とそれに対処する予め備えられた流れを通して人は新たな発見へと想像力を膨らませる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です